お気に入り登録者数 : 7 人

  • 糖質

    21.0 g

  • タンパク質

    15.9 g

  • 脂質

    11.2 g

  • カロリー

    281 kcal

  • 塩分

    2.0 g

  • 食物繊維

    11.3 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
エビカレー 低糖質バケット添え/1番目のイメージエビカレー 低糖質バケット添え/2番目のイメージ

お気に入り登録者数 : 7 人

調理時間 : 60 分以下

エビを茹でると赤くなるのはアスタキサンチンという色素が含まれているためです。
アスタキサンチンは強い抗酸化作用があります。運動量の多いアスリートは一般人より多くの酸素を使い、その酸素と食事から摂取する栄養素からエネルギーをつくり出します。
エネルギーをつくると同時に活性酸素というものも発生し、これが増えすぎると疲労が溜まりやすくなります。

まさに身体がさび付くようなイメージです。これを防ぐために、アスリートであれば一般人よりもより意識して抗酸化作用のある食べものをとる必要があります。
アスタキサンチンは他にも紅鮭、いくら、桜エビなどでも摂ることができます。

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    21.0 g

  • タンパク質

    15.9 g

  • 脂質

    11.2 g

  • カロリー

    281 kcal

  • 塩分

    2.0 g

  • 食物繊維

    11.3 g

材料

  • むきエビ100g
  • 小さじ1/4杯
  • 黒こしょう少々
  • オリーブオイル小さじ2杯
  • S&Bカレー粉小さじ1と1/4杯
  • おろしにんにく1.5g
  • おろし生姜1.5g
  • 玉ねぎ(みじん切り)5/8個
  • トマト(ざく切り)2/3個
  • 砂糖(低糖質)小さじ5/6杯
  • 梅干し1/4個
  • 100ml
  • パン(低糖質)30g

作り方

  • フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎを入れてキツネ色になるまでソテーする。

  • 順におろしにんにく、おろし生姜、カレー粉を入れ、混ぜ合わせたところにトマトを入れ、弱火で10分ほど煮込む。

  • 砂糖、梅干しを順に入れ、むきエビを入れる。

  • 最後に水を入れて、全体がなじむように煮込んだら、お好みで塩、黒こしょうで味を整える。

  • お皿にカレーを盛り付け、パセリを散らす。

  • 別皿にバケットを添えて完成。

・有頭エビを使用する場合は、頭で出汁を取って、水と替えるのがおすすめです。

お気に入り登録者数 : 7 人

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません