お気に入り登録者数 : 4 人

  • 糖質

    0.8 g

  • タンパク質

    22.0 g

  • 脂質

    20.4 g

  • カロリー

    293 kcal

  • 塩分

    1.6 g

  • 食物繊維

    0.5 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア

ローストビーフ〜大葉ペースト添え〜

ローストビーフ〜大葉ペースト添え〜/1番目のイメージローストビーフ〜大葉ペースト添え〜/2番目のイメージ

お気に入り登録者数 : 4 人

調理時間 : 60 分以下

大葉の香り成分であるぺリルアルデヒドには強い抗菌作用や防腐効果があります。
その他にもリラックス効果や胃液の分泌を促す作用もあるため、食欲がないときに料理に加えてみるのがおすすめです。
特にアスリートは強度の強い練習時や練習量が多くなる時には交感神経が高い状態が続いて元に戻りにくかったり、試合で交感神経が高まり、終わった後もその高まりが続き、気が付かないうちに疲労が蓄積したりする場合もあります。
その際に、食事で消化酵素の分泌を促すものや嗅覚刺激からリラックス効果を高められるものを取り入れてみるのもよいです。

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    0.8 g

  • タンパク質

    22.0 g

  • 脂質

    20.4 g

  • カロリー

    293 kcal

  • 塩分

    1.6 g

  • 食物繊維

    0.5 g

材料

大葉ペースト

  • 大葉2.5g
  • オリーブオイル8g
  • 醤油1g
  • おろしにんにく0.5g

その他

  • 牛もも肉(かたまり)100g
  • 1g
  • 黒こしょう少々
  • 無塩バター小さじ1杯
  • にんにく(スライス)1/2片
  • 醤油小さじ1/2杯

作り方

  • あらかじめ牛肉を常温に戻しておき、牛肉をジップロックに入れ、水を張った鍋等に袋ごと少しずつ入れて水圧を利用しながら真空状態にし、水が入らないように封をする。

  • 大きめの鍋に水を用意し、沸騰したら火を止めて1の肉を入れ、フタをして20〜30分程度かけて余熱で火を通す。

  • 大葉ペーストを作る。全材料をミキサー等に入れてペーストにする。

  • にんにくチップを作る。小鍋を用意し、無塩バター、にんにくをスライスし弱火で加熱し、薄キツネ色になったらにんにくを取り外す。

  • 4のバターを再びフライパンに戻し、2の肉の表面を焼き、焦げ目が少し付いたらフライパンから肉を外し、10分程度お肉を休ませて粗熱を取る。

  • 5のフライパンに醤油、肉の肉汁を入れて仕上げのソースを作る。

  • 5の肉を薄くスライスする。

  • お皿にソース、肉、大葉ペースト、にんにくチップを添えて完成。

・5人分等で一度に作るのがおすすめです。

お気に入り登録者数 : 4 人

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません