買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    5.9 g

  • タンパク質

    41.2 g

  • 脂質

    10.4 g

  • カロリー

    341 kcal

  • 塩分

    5.6 g

  • 食物繊維

    0.9 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア

しっとり鶏レバーの甘酢和え

しっとり鶏レバーの甘酢和え/1番目のイメージしっとり鶏レバーの甘酢和え/2番目のイメージしっとり鶏レバーの甘酢和え/3番目のイメージ

調理時間 : 60 分以下

1人前で鉄が18.8mg、亜鉛が7.1mgとれる貧血予防におすすめのメニューです。
黒酢を使っており、臭みを和らげると同時に殺菌効果もあるため、この時期でも衛生面に配慮してつくりおきができます。
貧血は鉄不足で起こることはよく知られていますが、亜鉛の不足により貧血になることもあり、特に運動量の多いアスリートは注意が必要です。
加えて、これからの季節は発汗により体外へ出ていく亜鉛も増えてしまいます。
亜鉛が不足すると、赤血球の膜が壊れやすくなり、貧血の症状だけでなく肌荒れや口内炎などの症状にもつながることがあるため、鉄不足だけでなく亜鉛不足にも注意しておく必要があります。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    5.9 g

  • タンパク質

    41.2 g

  • 脂質

    10.4 g

  • カロリー

    341 kcal

  • 塩分

    5.6 g

  • 食物繊維

    0.9 g

材料

合わせ調味料

  • 生姜1枚
  • 鷹の爪1本
  • 50cc
  • 醤油大さじ2杯
  • 日本酒大さじ2杯
  • ラカントS大さじ2と1/2杯
  • 黒酢大さじ2杯

その他

  • 鶏レバー200g
  • 万能ネギ少々
  • 針生姜少々
  • ごま油小さじ1杯
  • 七味唐辛子お好み

作り方

  • 【下準備】鶏レバーの血合い、筋等を掃除する。

  • 【下準備】合わせ調味料を作る。ボウルに全材料を入れ、混ぜ合わせておく。生姜はスライスして入れる。

  • ジップロック等の袋に1と2を入れ、空気を抜いて、しっかりと密閉する。

  • 大きめの鍋にお湯を張り、60〜65℃のお湯を用意し、約40分間湯温をキープしながら、低温調理する。

  • 4に火が通ったらお湯から取り出し、ザル等に袋から出して、煮汁と肉に分ける。

  • 煮汁はフライパン等に移し、強火で煮からめてトロミを出したら、肉を入れて一緒に煮からめて器に盛り、トッピングを散らして完成。

・低温調理器がある場合は、63℃をキープすることがポイント。ない場合は一度沸騰させたお湯に、火を止めてから袋を入れて30〜40分かけて余熱で調理する方法もあります。
・煮汁と肉を煮絡めた後、冷蔵庫で冷やすと尚美味しく、作り置きも可能です。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません