買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    13.8 g

  • タンパク質

    22.6 g

  • 脂質

    30.3 g

  • カロリー

    445 kcal

  • 塩分

    3.3 g

  • 食物繊維

    4.1 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
ふわふわオムレツ エビカレーソース/1番目のイメージふわふわオムレツ エビカレーソース/2番目のイメージふわふわオムレツ エビカレーソース/3番目のイメージ

調理時間 : 30 分以下

卵は良質の脂質がとれ、価格も安い、身体にも家計にもうれしい食材。卵黄に多いリン脂質は身体をつくる細胞の膜の材料になる重要な脂質です。

怪我をした時や、トレーニングで筋肉をたくさん使った後には新しい細胞をどんどんつくり出す必要性も高まるため、リン脂質のように細胞の材料になるものは意識してとりたいものです。また、海老には良質のたんぱく質や抗酸化作用のあるアスタキサンチンという色素が含まれています。

運動量の多いアスリートは一般人より酸素を多く必要とするため、活性酸素も多く発生し疲労の原因にもなります。
蓄積させないためにも抗酸化食品は意識をしてとりたいですね。オムレツが難しい…という方はスクランブルエッグにしてもOK。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    13.8 g

  • タンパク質

    22.6 g

  • 脂質

    30.3 g

  • カロリー

    445 kcal

  • 塩分

    3.3 g

  • 食物繊維

    4.1 g

材料

エビカレー

  • むきエビ100g
  • 小さじ1/4杯
  • 黒こしょう少々
  • オリーブオイル小さじ2杯
  • S&Bカレー粉小さじ1と1/4杯
  • おろしにんにく1.5g
  • おろし生姜1.5g
  • 玉ねぎ5/8個
  • トマト2/3個
  • 砂糖(低糖質)小さじ5/6杯
  • 梅干し1/4個
  • 100ml

オムレツ

  • 2個
  • 少々
  • 生クリーム小さじ2杯

その他

  • 無塩バター10g

作り方

  • 【エビカレーの作り方】フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りにした玉ねぎを入れてキツネ色になるまでソテーする。

  • 順におろしにんにく、おろし生姜、カレー粉を入れ、混ぜ合わせたところにざく切りにしたトマトを入れ、弱火で10分ほど煮込む。

  • 砂糖、梅干しを順に入れ、むきエビを入れる。最後に水を入れて、全体がなじむように煮込んだら、お好みで塩、黒こしょうで味を整える。

  • 【オムレツの作り方】オムレツの全材料をボウルに入れ、よくかき混ぜてから、フライパンにバターを入れてオムレツを作る。

  • お皿にオムレツを乗せ、別皿にエビカレーを添えて完成。

・オムレツの材料を混ぜる時は塩を最後に入れるのがポイントです。
・オムレツが難しい人はスクランブルエッグでもいいです。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません