買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    4.9 g

  • タンパク質

    6.2 g

  • 脂質

    20.6 g

  • カロリー

    241 kcal

  • 塩分

    2.2 g

  • 食物繊維

    1.7 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア

釜揚げシラスとパプリカのガーリックオイル煮

    釜揚げシラスとパプリカのガーリックオイル煮/1番目のイメージ釜揚げシラスとパプリカのガーリックオイル煮/2番目のイメージ釜揚げシラスとパプリカのガーリックオイル煮/3番目のイメージ

    調理時間 : 60 分以下

    しらすはカルシウムやマグネシウムがとれる食材です。
    マグネシウムは体内で4番目に多いミネラルで、その多くが骨、歯に存在しています。
    加えて、筋肉や血液にも含まれており、アスリートがパフォーマンスを発揮する上で、エネルギー代謝、神経系や筋収縮、免疫機能、骨の代謝との関連が重要だとされています。
    エネルギー代謝に関しては、長時間運動を行う際の脂質代謝でもマグネシウムが使われるため、持久性競技を行うアスリートは特に十分な摂取が必要です。
    マグネシウムは発汗による損失が大きいとも言われており、意識をして取り入れるべきミネラルです。4連休は #おうち時間 が増えそうですが、夏野菜を使った料理にもぜひチャレンジしてみてください。

    ─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

    栄養情報

    (栄養素計算は1人前表示)
    • 糖質

      4.9 g

    • タンパク質

      6.2 g

    • 脂質

      20.6 g

    • カロリー

      241 kcal

    • 塩分

      2.2 g

    • 食物繊維

      1.7 g

    材料

    • 赤パプリカ50g
    • 黄パプリカ50g
    • にんにく3g
    • オリーブオイル20g
    • 魚醤6g
    • 鷹の爪1/2本
    • 釜揚げしらす20g

    作り方

    • パプリカを掃除し、2〜3センチ幅にスライスしておく。

    • フライパンにオリーブオイルとパプリカを入れ、弱火でじっくりオイル煮する。(20〜30分)

    • パプリカに火が通ったら、一度ザル等でオイルを切り、オイルを再度フライパンに戻して、みじん切りしたニンニク・鷹の爪を入れて弱火でキツネ色にしていく。

    • キツネ色になったタイミングで、釜揚げシラスを入れ、パプリカを戻し、魚醤を入れてよく混ぜて全体をなじませたら完成。

    ・一度に多めに作って作り置きもおすすめです。

    買い物リストアイコン買い物リストに追加

    このレシピのキーワード

      最近チェックしたレシピ

        最近チェックしたレシピはありません