買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    1.1 g

  • タンパク質

    7.1 g

  • 脂質

    11.0 g

  • カロリー

    149 kcal

  • 塩分

    2.1 g

  • 食物繊維

    5.0 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
カキとほうれん草のバターソテー/1番目のイメージカキとほうれん草のバターソテー/2番目のイメージ

調理時間 : 15 分以下

ビタミンB群の他、亜鉛や鉄などのミネラルも多く含む亜鉛を抗酸化ビタミンがたっぷり含まれるほうれん草と組み合わせたメニューです。
亜鉛は身体の中で起こる化学反応を円滑にすすめるためにも重要な役割を担っています。
たんぱく質を合成したり、遺伝次情報の伝達に関わったりもしているため、細胞の生まれ変わりが活発な舌の味蕾では、亜鉛が不足すると味覚に異常をきたすと言われています。
他にも皮膚や粘膜は細胞の生まれ変わりが活発であるため、これらの機能を維持する上でも欠かせません。感染症の予防のためにも積極的にとっておきたいミネラルです。
亜鉛は通常の食事をしていれば不足することは少ないですが、食事量が極端に少ない場合は亜鉛不足になる可能性が考えられます。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    1.1 g

  • タンパク質

    7.1 g

  • 脂質

    11.0 g

  • カロリー

    149 kcal

  • 塩分

    2.1 g

  • 食物繊維

    5.0 g

材料

  • 無塩バター大さじ1杯
  • にんにく1片
  • 牡蠣5個
  • ほうれん草1/2把
  • 醤油小さじ2杯

作り方

  • たっぷりのお湯を用意し、少々の塩を入れ、ほうれん草を下茹でしてボウル等に移し、水気をしっかりと切る。ほうれん草は3〜4センチにカットしておく。

  • フライパンにバター・にんにくを入れて、弱火で薄キツネ色になったタイミングでカキを入れ、カキが両面キツネ色になるまで加熱する。

  • 1をフライパンに入れ、ほうれん草の水気を飛ばしながら中火でソテーする。

  • 仕上げに醤油を回しかけ、手早く全体に馴染ませて、器に盛り付けたら完成。

・カキは流水もしくは卵白等でヌメリと汚れをしっかり取り除く事が大切です。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません