買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    70.3 g

  • タンパク質

    12.9 g

  • 脂質

    17.8 g

  • カロリー

    530 kcal

  • 塩分

    1.0 g

  • 食物繊維

    6.2 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
フレッシュトマトとバジルのペンネ/1番目のイメージフレッシュトマトとバジルのペンネ/2番目のイメージフレッシュトマトとバジルのペンネ/3番目のイメージ

調理時間 : 30 分以下

抗酸化作用のあるトマトをたっぷりとした、バジルの香りが効いたパスタです。
バジルにはリラックス効果があるとされているリナノールという香り成分が含まれています。
ヒトの心身は自律神経によってコントロールされていますが、この自律神経は交感神経と副交感神経から成っています。
交感神経のはたらきが強まると心拍数、血圧、体温などが上昇するほか、唾液の分泌が抑えられて、胃腸のはたらきも弱まります。そのため、食べ物をとっても消化されにくくなります。
試合前後や緊張しているときはこの交感神経が高い状態であるため、食事をしても消化しにくい状態であることが多くなります。
このことから、交感神経のはたらきが強いときには胃腸の負担にならない消化に良いものを食べたり、副交感神経を高めることのできるものなどを取り入れてみたりすると良いです。 自分の身体が今どんな状態にあるのかを自身で理解しておくことで、その状態に応じた食事や行動もできますよ。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    70.3 g

  • タンパク質

    12.9 g

  • 脂質

    17.8 g

  • カロリー

    530 kcal

  • 塩分

    1.0 g

  • 食物繊維

    6.2 g

材料

トッピング

  • オリーブオイル適量
  • バジルお好み

その他

  • オリーブオイル大さじ1杯
  • にんにく1片
  • 鷹の爪お好み
  • ミニトマト20粒
  • トマトペースト18g
  • バジル1枚
  • 少々
  • ペンネ80g

作り方

  • つぶしにんにく、ミニトマトを1/2にカットする。

  • ソースを作る。フライパンにオリーブオイル、つぶしにんにく、鷹の爪を入れてたら弱火で火にかける。

  • にんにくが薄キツネ色になったら、鷹の爪を外し、バジルを入れる。

  • 火加減を強火にしたら、ミニトマト、塩を入れて3分〜5分程度加熱し、トマトの水分を引き出しながらトマトを甘くする。

  • 順にトマトペーストを入れて、弱火で3分程度煮詰めたらソースの完成。

  • たっぷりのお湯を沸かし、お湯に対して塩1%(分量外)を入れたらパスタをお好みの硬さで茹でる。

  • ソースとパスタをからめて、仕上げにオリーブオイルを回しかけたらお皿に盛りつける。

  • トッピングでバジルを添えて完成。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません