買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    4.3 g

  • タンパク質

    43.3 g

  • 脂質

    25.5 g

  • カロリー

    443 kcal

  • 塩分

    1.3 g

  • 食物繊維

    0.9 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
ローストビーフ 〜フレッシュトマトのサルサ〜/1番目のイメージローストビーフ 〜フレッシュトマトのサルサ〜/2番目のイメージ

調理時間 : 60 分以下

やわらかく仕上げたローストビーフにトマトをたっぷりと使用したサルサソースを合わせています。
紫外線も強くなり、日焼けも気になる季節になってきました。
適度に日光に当たることは必要ですが、強い日差しや長時間日光に当たることにより過剰な紫外線を浴びてしまいます。
紫外線を浴びることにより皮膚の細胞では活性酸素が発生しますが、これに対抗するためにメラニン色素が作り出されます。
本来であれば、皮膚の生まれ変わり作用によりメラニン色素は外に排出されますが、大量に発生しすぎると、排出するはたらきとのバランスがとれなくなってしまいます。
これにより、排出されなかったメラニン色素が肌に残ってシミとなります。肌を美しく保つためにも、大量に発生した活性酸素を除去するはたらきのある抗酸化作用のある食品を積極的にとりたいですね。
リコピンは油に溶けやすい栄養素であるため、オリーブオイルなどと一緒にとることで吸収率もアップしますよ。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    4.3 g

  • タンパク質

    43.3 g

  • 脂質

    25.5 g

  • カロリー

    443 kcal

  • 塩分

    1.3 g

  • 食物繊維

    0.9 g

材料

フレッシュトマトのサルサ(4人前)

  • トマト2玉
  • 玉ねぎ1/6玉
  • にんにく1/2片
  • パセリ(乾燥)少々
  • タバスコ小さじ1/2杯
  • ラカントS小さじ1杯
  • 小さじ1/2杯
  • 黒こしょう少々
  • オリーブオイル大さじ1杯

トッピング

  • 少々
  • 黒こしょう少々
  • オリーブオイル適量

その他

  • 牛もも塊肉200g

作り方

  • ローストビーフを作る。牛塊肉の水分をペーパー等で拭き取り、ジップロック等の袋に入れる。水圧を利用しながら空気を抜いて密閉状態にし、袋とじにする。

  • 低温調理器を活用する場合は、温度57℃で3時間30分に設定して牛肉を低温加熱調理する。又は、炊飯器を活用する場合は、沸騰直前のお湯を用意し、炊飯ジャーにお湯を入れて牛肉を入れたら、保温スイッチを押して1時間火入れして加熱調理する。

  • 【トマトサルサを作る】トマトを湯むきする。トマトのヘタをくりぬき、先端に十字に軽く切り込みを入れる。沸騰したお湯、氷水を用意したら、トマトをお湯の中に5秒〜10秒くぐらせてから氷水につけて、トマトの皮を取り除いたらペーパー等で水気を拭き取る。

  • 【トマトサルサを作る】トマトの種を取り除いたら、トマトを1cmの角切り、にんにくをみじん切り、玉ねぎをみじん切りにし、ボウルに入れたら、パセリ・タバスコ・塩・ラカントS(砂糖)・黒胡椒・オリーブオイルを入れてかき混ぜ、冷蔵庫で保存してサルサの出来上がり。

  • ローストビーフが出来上がったら、冷水又は氷水で袋ごと冷やす。袋から取り出し、ペーパーで水気を拭き取りラップをして冷蔵庫で保存する。

  • ローストビーフを薄くスライスし、お皿に盛り付ける。塩・黒胡椒をふり、オリーブオイルを回しかける。トマトのサルサをお好み量トッピングして完成。

・トマトのサルサは4人分のレシピです。
・冷蔵庫で3日〜4日間程度日持ちするので、ローストビーフ以外にも、チキンソテーやトーストしたパンの上に添えて食べても美味しいので、作り置きをお勧めします。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません