買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    15.0 g

  • タンパク質

    50.8 g

  • 脂質

    43.2 g

  • カロリー

    683 kcal

  • 塩分

    3.3 g

  • 食物繊維

    2.0 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
柔らか鶏胸肉の大根おろしポン酢/1番目のイメージ柔らか鶏胸肉の大根おろしポン酢/2番目のイメージ

調理時間 : 30 分以下

パサつきやすい鶏むね肉を柔らかく仕上げ、大根おろしでさっぱりと食べる主菜レシピ。 大根にはでんぷんを分解するジアスターゼという消化酵素が含まれており、消化を促し、胃腸のはたらきを整える作用を持ちます。 また、大根おろしにすることで大根の細胞が崩れ、イソチオシアネートという辛み成分が生成されます。イソチオシアネートには胃液の分泌を促すはたらきがあります。 暑さで食欲が低下してしまうときには、消化を促す食品を取り入れてみることもおすすめです。 

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    15.0 g

  • タンパク質

    50.8 g

  • 脂質

    43.2 g

  • カロリー

    683 kcal

  • 塩分

    3.3 g

  • 食物繊維

    2.0 g

材料

トッピング

  • ブッロコリースプラウトお好み
  • 七味唐辛子お好み

その他

  • 鶏むね肉1枚
  • 少々
  • ラカントS大さじ1杯
  • 片栗粉大さじ1杯
  • 大根おろし大根輪切3〜4cm分
  • ポン酢大さじ2杯

作り方

  • 〈大根おろしを作る〉大根の皮をむき、おろし金で大根をおろす。

  • 大根おろしにポン酢を入れておく。

  • 〈鶏胸肉の下準備をする〉鶏肉の皮を剥いでおく。皮は後ほど使用するので取っておく。筋などを下処理したら、フォークで肉全体を串刺しにして、肉をステーキ用に4等分にカットする。

  • お肉にラカントS(砂糖)・塩をまぶしたら、片栗粉をまぶしておく。

  • フライパンに鶏皮を入れて弱火で火にかける。鶏皮から脂が出てきたら、鶏皮は火から外して捨てる。

  • 鶏皮の脂を活用して③の鶏肉を弱火で両面焼いていく。

  • お肉を両面焼き、中がレアな状態で②の大根おろしとポン酢を入れ、弱火で5分程度お肉に大根おろしポン酢を絡めながら煮込む。お肉に火が入ったら器に盛り付ける。

  • トッピングに七味唐辛子・ブロッコリースプラウトをお好みで添えて完成.

・お肉にラカントSをまぶすことで、お肉のパサつきを軽減してくれます。
・砂糖は水の吸着力を保持するので、余分な脱水を防止し、肉がパサつきづらくなります。
・ステーキサイズで大きめカットにしてますが、小さいカットの方がお好みの場合は、カットは小さめにしてください。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません