買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    10.8 g

  • タンパク質

    24.5 g

  • 脂質

    64.4 g

  • カロリー

    758 kcal

  • 塩分

    5.1 g

  • 食物繊維

    2.3 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア

牛肉とピーマンのオイスターソース炒め

牛肉とピーマンのオイスターソース炒め/1番目のイメージ牛肉とピーマンのオイスターソース炒め/2番目のイメージ牛肉とピーマンのオイスターソース炒め/3番目のイメージ

調理時間 : 30 分以下

身体づくりに必要なたんぱく質とビタミンCがたっぶりととれるレシピです。
ピーマンはビタミンCが豊富な野菜です。ビタミンCは身体にかかるストレスが大きいと必要量が増えるビタミンです。
抗ストレスホルモンは副腎という臓器でつくられ、身体に加わるストレスが増えると分泌量が増えます。
これにより、心拍数や血糖値が上がるなどストレスに対抗するために身体が反応する仕組みになっています。
ビタミンCはヒトの体内では蓄積できないことから、食事からコンスタントにとれるよう心がけてみてください。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    10.8 g

  • タンパク質

    24.5 g

  • 脂質

    64.4 g

  • カロリー

    758 kcal

  • 塩分

    5.1 g

  • 食物繊維

    2.3 g

材料

合わせ調味料

  • 醤油小さじ2杯
  • オイスターソース大さじ2杯
  • ラカントS大さじ1杯
  • 鶏がらスープ75ml

その他

  • ごま油大さじ1杯
  • 牛 薄切り肉300g
  • 少々
  • 黒胡椒少々
  • 片栗粉大さじ1杯
  • ピーマン6個
  • ミックスナッツ(無塩)お好み

作り方

  • 合わせ調味料をつくる。ボウルに全材料を入れて混ぜ合わせておく。

  • ミックスナッツを予め砕いておく。ピーマンは千切りする。

  • 牛肉スライスもピーマンと同様に細切りにしたら、ボウルに入れて、塩、黒胡椒で下味をし、片栗粉を牛肉全体にまぶしておく。

  • 熱したフライパンを用意し、ごま油を分量の半量入れて油を全体になじませたら、ピーマンを強火でソテーする。※ピーマンが少ししんなりする程度が目安

  • ソテーしたピーマンを一度ボウルに移したら、同様のフライパンに残りのごま油を入れる。

  • 順に牛肉を入れて、牛肉をほぐしながら強火でソテーしていく。牛肉全体に火が入ったら合わせ調味料を入れて、少し煮からめて、ソテーしたピーマンを入れる。

  • 強火で牛肉とピーマンに味が馴染むようにからめながらソテーしたらお皿に盛り付ける。仕上げにミックスナッツを散らして完成。

・牛肉がなければ、豚肉、鶏肉でも代用可能です。
・野菜はピーマンの他にも、パプリカ、ズッキーニ、青菜などもおすすめです。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません