ワインがすすむ和牛のタリアータ

ワインがすすむ和牛のタリアータのサンプル画像
60 min
タンパク質
25.4 g
脂質
94.3 g
糖質
17.8 g
カロリー
1077 kcal
※2人前のレシピ(栄養素計算・表示は1人前)
レシピ監修 : BONIQ

材料

食材
和牛サーロインもしくはモモ肉などの赤身
370g(135g×2枚)
適量
黒胡椒
適量
にんにく
1かけ
オリーブオイル
小さじ2杯
パルミジャーノチーズ
15g
バルサミコソース
バルサミコ酢
大さじ4杯
はちみつ
大さじ1と1/2杯
適量
黒胡椒
適量
盛り付け
お好みの野菜
適量

調理方法

  1. 【牛サーロインの下ごしらえ】牛サーロインの表面に数ヶ所浅く切り込みを入れる。 肉叩きや包丁の背を使って全体を軽く叩き、2cmの厚さにする。 ※当レシピの設定時間は2cmの牛肉を57℃で調理することを想定している。
  2. 【フリーザーバッグに投入】牛サーロインに塩こしょうを振り、にんにくは包丁で潰す。 牛サーロインとにんにくをフリーザーバッグに入れ、上からよく馴染ませる。 そのまま30分ほど置いてマリネする。
  3. 【BONIQをセット〜投入】57℃ 2:35(2時間35分)に設定する。 BONIQが設定温度に達したら空気を抜いて密封したフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。
  4. 【バルサミコソースを作る】バルサミコソースの材料を小鍋に入れてとろみがつくまで煮詰め、塩・こしょうで味を整える。 (冷めるとより濃厚な固めのソースになる。)
  5. 【焼き色をつける】BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出す。 フライパンにオリーブオイルを熱し、強火で牛サーロインの両面に焼き色をつける。
  6. 【仕上げ】牛サーロインを薄くスライスする。 お好みの野菜を皿に敷いてサーロインを乗せ、パルミジャーノ・レッジャーノを削って散らしたら出来上がり。 まずは塩こしょうで。そして、バルサミコソースと共に。

ワンポイント

フライパンでの温度管理は慣れていないと難しいところですが、BONIQでは設定さえきちんとしていれば簡単に狙った通りの仕上がりになります。
BONIQ
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。