買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    1.0 g

  • タンパク質

    36.1 g

  • 脂質

    35.1 g

  • カロリー

    497 kcal

  • 塩分

    2.8 g

  • 食物繊維

    1.2 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
よだれ鶏/1番目のイメージよだれ鶏/2番目のイメージよだれ鶏/3番目のイメージ

調理時間 : 60 分以下

鶏むね肉にはイミダゾールペプチドというアミノ酸が豊富です。イミダゾールペプチドは鶏むね肉以外にも長い間泳ぎ続ける回遊魚(まぐろなど)にも多く含まれ、脳内の活性酸素を除去し脳疲労の軽減に効果があると期待されています。 また、調味料は砂糖の代わりにラカントSを使用し、糖質量を抑えています。ラカントSの成分であるエリスリトールは糖アルコールに分類されます。 糖アルコールは砂糖のように甘さがありますが、エネルギーとして利用されにくいのが特徴です。ラカントSのエリスリトールはとうもろこしを発酵させて作られたもので、天然食品由来のため、安心して食べることができます。やわらかく仕上げた鶏むね肉に甘辛だれがよく合う主菜レシピです。 ぜひお試しください。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    1.0 g

  • タンパク質

    36.1 g

  • 脂質

    35.1 g

  • カロリー

    497 kcal

  • 塩分

    2.8 g

  • 食物繊維

    1.2 g

材料

合わせ調味料

  • 醤油大さじ1杯
  • お酢大さじ1杯
  • ラカントS大さじ1杯
  • 豆板醤小さじ1/2杯
  • おろしにんにく小さじ1杯
  • おろし生姜小さじ1杯
  • ラー油小さじ1/2杯
  • ごま油小さじ1/2杯
  • 白ごま大さじ1杯

トッピング

  • 万能ネギ少々
  • ミックスナッツお好み

その他

作り方

  • 鶏胸肉の下準備をする。鶏肉の筋などを包丁でとり除き胸肉の分厚い箇所だけ、フォークで数箇所差し込みらラカントS(砂糖)をまぶす。

  • 胸肉を袋のジップロックに入れる。水圧を利用しながら空気を抜いて密閉状態で袋とじにしたら加熱までの下準備が完了。低温調理器を活用する場合は温度63°で50分を目安とし、鶏胸肉を低温加熱調理する。又は炊飯器を活用の場合は沸騰直前のお湯を用意し、炊飯ジャーにお湯を入れて②の鶏胸肉を入れたら、保温スイッチを押して1時間火入れして加熱調理する。

  • 合わせ調味料を作る。ボウルを用意し、全材料を入れたらホイッパーでよく混ぜ合わせておく。

  • トッピング用の万能葱とナッツを砕いておく。

  • 鶏胸肉の火が入ったら氷水を用意し、袋ごと冷やす。

  • 鶏胸肉の皮を取り除き、薄くスライスしてお皿に盛り付けたら、合わせ調味料を入れて、トッピングの万能葱、ミックスナッツわ、添えて完成。

・お肉にラカントSをまぶすことでお肉のパサつきを軽減してくれます。
・砂糖は水の吸着力を保持するので、余分な脱水を防止し肉がパサつきづらくなります。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません