お気に入り登録者数 : 0 人

  • 糖質

    39.4 g

  • タンパク質

    23.2 g

  • 脂質

    16.9 g

  • カロリー

    437 kcal

  • 塩分

    2.2 g

  • 食物繊維

    5.6 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
ブリキムチ丼/1番目のイメージブリキムチ丼/2番目のイメージ

お気に入り登録者数 : 0 人

調理時間 : 60 分以下

キムチは発酵食品のひとつで、乳酸菌が含まれています。
乳酸菌は腸内の酸度を下げ、有害な菌の生成を抑制するはたらきを持つため、腸内環境を整えてくれます。
腸内環境を整えておくことは肌の状態を良好に保つためにも大切です。
また、唐辛子の辛み成分であるカプサイシンは胃液の分泌を促し、消化を助けてくれます。
ぶりのように脂質の多い食材とも相性が抜群です。
キムチは種類により糖質が意外と多く含まれているものもあるため、使用する時はキムチの量に注意をしてください。
丼に合わせるゴマだれは、練りごまやいりごまのコクが効いていて、少量の塩味でもおいしく食べられます。

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    39.4 g

  • タンパク質

    23.2 g

  • 脂質

    16.9 g

  • カロリー

    437 kcal

  • 塩分

    2.2 g

  • 食物繊維

    5.6 g

材料

錦糸卵

  • 1個
  • ひとつまみ
  • ごま油少々

ゴマだれ

  • 練りゴマ小さじ1杯
  • 醤油小さじ1杯
  • みりん小さじ1杯
  • おろし生姜少々
  • いりゴマ少々

酢飯

その他

  • ブリ60g
  • キムチ10g
  • すりゴマ少々
  • 万能ネギ少々
  • 刻み海苔少々

作り方

  • ゴマだれは全ての材料を計量し、ボールに入れて混ぜ合わせる。

  • ゴマだれとカットしたブリをあらかじめ和えておく。

  • 炊き上げたご飯にすし酢を混ぜ、酢飯を作る。

  • 熱したフライパンにごま油をひき、よく溶いた卵を入れて薄焼きにし、包丁で細かくカットして錦糸卵を作る。

  • お皿に酢飯、錦糸卵、キムチ、ブリを盛り付け、すりゴマと万能ネギを添え、お好みで刻み海苔をかけて完成。

・生魚が苦手な人はツナ缶やサバ缶で代用可能です。

お気に入り登録者数 : 0 人

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません