お気に入り登録者数 : 0 人

  • 糖質

    0.7 g

  • タンパク質

    11.8 g

  • 脂質

    24.6 g

  • カロリー

    578 kcal

  • 塩分

    1.2 g

  • 食物繊維

    1.5 g

このレシピをシェア
ラムパクチーのスパイス炒め/1番目のイメージ

お気に入り登録者数 : 0 人

調理時間 : 10 分以下

パクチーや香辛料でラム肉特有の臭みを和らげたレシピです。ラム肉は他の肉類と比較して鉄やビタミンB₁₂など貧血予防のために重要な栄養素が多く含まれているのが特徴です。ビタミンB₁₂は主に動物性食品に含まれており、赤血球をつくるサポートをする役割の他、たんぱく質や葉酸の代謝にかかわるなど、体内で様々なはたらきを担っています。
小腸で吸収されるときに胃壁から分泌される物質を必要とするため、胃炎など胃の調子が優れない方はビタミンB₁₂を吸収しにくくなり、不足してしまう場合があります。
普段ラム肉は調理されないという方も是非一度お試しされてみてください。

栄養情報

  • 糖質

    0.7 g

  • タンパク質

    11.8 g

  • 脂質

    24.6 g

  • カロリー

    578 kcal

  • 塩分

    1.2 g

  • 食物繊維

    1.5 g

材料

  • ラム100g
  • パクチー1束
  • ひまわり油大さじ1
  • 鷹の爪1/2本
  • にんにく1/2ヶ
  • 生姜1/2ヶ
  • クミン(ホール)小さじ1
  • 五香粉小さじ1/2
  • ラカント小さじ1/2
  • ひとつまみ
  • 醤油小さじ1/2
  • 糸唐辛子ひとつかみ

作り方

  • パクチーを、葉の部分と茎の部分に分ける。茎の部分はみじん切りにする。

  • 鷹の爪は種を取り除き、輪切りにする。

  • ラム肉は食べやすい大きさに切る。ポリ袋に、酒、すりおろしたにんにくと生姜を入れ、揉み込んで冷蔵庫で1時間ほど置く。

  • 油をひいたフライパンを中火で熱し、クミンを入れ、香りを引き出す。香りがたってきたら、鷹の爪も加えて焦げないように気をつけながら香りを引き出し、小さいボウルなどに油をスパイスごと取り出しておく。

  • 4のフライパンにラム肉を加え、ひとつまみ塩をふる。両面によく焼き色をつける。出てきた油をキッチンペーパーで拭き取る。

  • ラム肉に火が通ったら、4の油と、五香粉、1のパクチーの茎を加え、炒めて全体を馴染ませる。醤油を鍋肌にあてながら入れ、全体を混ぜ、器に盛る。仕上げに糸唐辛子と、パクチーの葉っぱを盛り付けて完成。

・ラム肉は、しっかり火を通すことで臭みが取れ、よりおいしく仕上がります。初め濁った油が出てきて、火を通すうちにだんだん透き通っていきます。これが目安です。
・最後に醤油を鍋肌にあてながら加えることで、焦がし醤油の風味がつき、味のポイントになります。

お気に入り登録者数 : 0 人

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません