買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    5.5 g

  • タンパク質

    10.6 g

  • 脂質

    15.1 g

  • カロリー

    208 kcal

  • 塩分

    0.8 g

  • 食物繊維

    1.3 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア

モッツアレラチーズ・トマト・モロヘイヤの和風カプレーゼ

モッツアレラチーズ・トマト・モロヘイヤの和風カプレーゼ/1番目のイメージモッツアレラチーズ・トマト・モロヘイヤの和風カプレーゼ/2番目のイメージモッツアレラチーズ・トマト・モロヘイヤの和風カプレーゼ/3番目のイメージ

調理時間 : 15 分以下

モロヘイヤは強い抗酸化作用を持つ野菜で、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれています。
暑い日差しが続く季節には積極的にとりたい食材です。紫外線が皮膚に当たると紫外線の働きによって活性酸素が作られ、それがメラニン色素となります。
これが身体の古い細胞組織を新しいものに置き換えていく作用(ターンオーバー)によって皮膚の表面近くに現れ、紫外線が皮膚の中まで入り込むのを防ぐバリアとなります。
ターンオーバーが正常に行われていれば、メラニン色素は肌を守るための役割をきちんと果たしてくれますが、活性酸素が過剰に生成されることなどによりターンオーバーが低下すると、メラニン色素をうまく排出することができなくなり、シミとして皮膚の表面に残ってしまいます。
外側からだけでなく内側からの対策も行って、綺麗な肌を保つことも大切ですよ。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    5.5 g

  • タンパク質

    10.6 g

  • 脂質

    15.1 g

  • カロリー

    208 kcal

  • 塩分

    0.8 g

  • 食物繊維

    1.3 g

材料

  • モッツァレラチーズ50g
  • トマト1/2個
  • モロヘイヤ15g
  • 塩昆布お好み
  • ポン酢小さじ2と1/2杯
  • オリーブオイル小さじ1杯

作り方

  • モロヘイヤを下茹でする。鍋で沸騰したお湯を用意し、少量の塩を入れ、30秒程度下茹でしたら、氷水につけて水気を切る。

  • トマトを湯むきする。トマトのヘタをくりぬき、先端に十字に軽く切り込みを入れる。沸騰したお湯、氷水を用意したら、トマトをお湯の中に5秒〜10秒くぐらせてから氷水につけて、トマトの皮を取り除いたらペーパー等で水気を拭き取る。

  • 1を細かくみじん切りにし、塩昆布をお好み量入れて、混ぜ合わせる。

  • モッツァレラ、トマトをスライスし、器に盛り付けたら、ポン酢、オリーブオイルをかけて、3を添えて完成。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません