買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    9.8 g

  • タンパク質

    13.1 g

  • 脂質

    25.1 g

  • カロリー

    354 kcal

  • 塩分

    1.3 g

  • 食物繊維

    5.6 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
レバーパテ/1番目のイメージレバーパテ/2番目のイメージレバーパテ/3番目のイメージ

調理時間 : 100 分以下

鶏レバーを低温調理で仕上げ、玉ねぎや赤ワインを加えてペースト状にしています。
鶏レバーからは鉄を豊富に摂取できるため、貧血予防におすすめのレシピです。
酸素は血液に含まれる赤血球により全身に運ばれます。
赤血球はヘモグロビンからできており、このヘモグロビンは鉄とたんぱく質を材料としてつくられます。
そのため、食事から鉄やたんぱく質を十分にとっておくことは酸素を全身に届けるためにとても大切なことです。
レバーの臭みを取り、ペーストにして食べることで、食べやすさがアップします。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    9.8 g

  • タンパク質

    13.1 g

  • 脂質

    25.1 g

  • カロリー

    354 kcal

  • 塩分

    1.3 g

  • 食物繊維

    5.6 g

材料

  • 鶏レバー100g
  • 玉ねぎ50g
  • にんにく1/2かけ
  • バター50g
  • 赤ワイン30ml
  • 小さじ1/4
  • ブラックペッパー適量
  • タイム適量
  • イタリアンパセリ適量
  • ピンクペッパー適量
  • 低糖質パン40g

作り方

  • 鶏レバーの掃除をする。血管や脂肪を包丁で取り除き、食べやすい大きさに切る。ボウルに水と一緒に入れ、ぐるぐると手でかき混ぜ、3~4回水を取り替えながら洗う。塩ひとつまみをふり、冷蔵庫に30分程度おく。時間が経ったら、さっと水で洗い、水分をキッチンペーパーなどで拭き取る。

  • チャック付きポリ袋に3の鶏レバーを入れ、水に沈めながら空気を抜き、チャックをしめる。低温調理器を60℃に設定し、お湯があたたまったら袋をしずめ、60℃で1時間加熱する。

  • 玉ねぎとにんにくをみじん切りにし、バターを少量ひいたフライパンで弱火で炒める。飴色になったら、赤ワインとタイムを加え、軽く煮詰める。

  • フードプロセッサーに、バターと塩小さじ1/4、2の鶏レバー、3の野菜を汁ごと入れ、攪拌する。ココットに移し、冷蔵庫で冷やしたら、最後にイタリアンパセリとピンクペッパーを飾って完成。

・鶏レバーは、1の工程でしっかり掃除をしておくことで、出来上がりも臭みの少ないきれいな味わいに仕上がります。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません