買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    23.8 g

  • タンパク質

    37.3 g

  • 脂質

    66.1 g

  • カロリー

    913 kcal

  • 塩分

    3.5 g

  • 食物繊維

    9.6 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
具を食べるルーローハン/1番目のイメージ具を食べるルーローハン/2番目のイメージ具を食べるルーローハン/3番目のイメージ

調理時間 : 60 分以下

大根を使用してカサ増しをすることで、米の量を少なくしても満足感が得られ、血糖値のコントロールが必要な方にもおすすめの主食レシピです。
食事の糖質量を調整することの他にも、食物繊維を食事で十分にとることや、よく噛むことでも血糖値の上昇速度を緩やかにすることができます。
また、1日3食を毎日なるべく同じ時間にとるようにすることで身体のリズムが整いやすく、良好なコンディションの維持や生活習慣病の予防にもつながります。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    23.8 g

  • タンパク質

    37.3 g

  • 脂質

    66.1 g

  • カロリー

    913 kcal

  • 塩分

    3.5 g

  • 食物繊維

    9.6 g

材料

A

  • 150㎖
  • ラカントS大さじ2
  • 大さじ1/2
  • 大さじ1/2
  • オイスターソース大さじ1/4

その他

  • 大根120g
  • 豚バラ120g
  • 小松菜1株
  • 1個
  • 生姜1/2片
  • にんにく1/2片
  • ごま油小さじ2
  • 醤油大さじ1
  • 長ネギ5cm分
  • へるしごはん (低糖質ご飯)1/2パック
  • 一味唐辛子少々

作り方

  • 【下準備】卵は水から火にかけ、沸騰後10分茹でる ・大根と小松菜は下茹でし、食べやすい長さにカットする。(小松菜は水気を絞っておく) ・長ねぎは白髪ねぎにする。 ・生姜とにんにくはみじん切りにする ・豚バラ肉は1cm角にカットする。

  • 鍋に生姜をとにんにく、ごま油を入れて火にかけ、弱火で香りが立てまで加熱する。

  • 豚バラ肉を加えて色が変わるまで炒める。

  • Aとゆで卵を入れて、アクをとりながら中火で10分ほど煮る。

  • 3に大根と醤油を加えて煮汁が半量になるまで、さらに煮る。(時々卵を転がして全体に味をなじませる)

  • 丼ぶりにへるしごはんを半量盛り付ける。

  • 5に汁気を切った豚バラ肉と半分にカットした煮卵、小松菜をトッピングし、白髪ねぎを飾り、一味唐辛子を振る。

・オイスターソースを使うことで、旨みとコクがプラスされます。
・大根は茹でておくことで短時間で味がなじみます。
・油脂分の多いばら肉を使用する場合は少し、脂部分を取り除きましょう。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません