買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    4.3 g

  • タンパク質

    16.1 g

  • 脂質

    28.2 g

  • カロリー

    378 kcal

  • 塩分

    1.6 g

  • 食物繊維

    1.5 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
小鯵の南蛮漬け/1番目のイメージ小鯵の南蛮漬け/2番目のイメージ小鯵の南蛮漬け/3番目のイメージ

調理時間 : 25 分以下

小鯵は丸ごと食べることができるため、カルシウムをとりたいときにおすすめの食材です。
骨では古くなった骨が壊されるはたらきと、カルシウムなどを付着させ新しい骨をつくるはたらきが毎日繰り返されています。
カルシウムが不足すると新しい骨をつくるはたらきが古くなった骨を壊すはたらきを下回り、骨密度が低下していく原因になります。
特に女性の場合はエストロゲンにより古い骨を壊すはたらきが抑えられています。そのため、エストロゲンの分泌が減少する年齢になると一気に骨密度が低下します。
まずは食事で十分にカルシウムがとれるようにする心がけが大切です。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    4.3 g

  • タンパク質

    16.1 g

  • 脂質

    28.2 g

  • カロリー

    378 kcal

  • 塩分

    1.6 g

  • 食物繊維

    1.5 g

材料

揚げる用

  • 米油200cc

A

  • 100cc
  • 白だし小さじ1
  • 米酢大さじ2
  • 醤油大さじ1
  • ラカントS13g

その他

  • 小鯵150g
  • ピーマン1個(60g)
  • にんじん60g
  • 長ネギ12cm程度(30g)
  • 片栗粉大さじ1と1/2
  • 姫ねぎひとつかみ

作り方

  • ピーマンの種を取り除き、縦に細切りにする。にんじんも皮を剥いて細切りする。長ネギも縦に細切りにし、水にさらす。

  • 鍋に、Aの材料を全て入れ、一煮立ちさせる。

  • 小鯵の表面の水分をキッチンペーパーなどで拭き取り、表面に片栗粉をまぶす。

  • 揚げ鍋に米油を150℃になるまで熱し、小鯵をじっくり揚げる。揚げたら、キッチンペーパーなどに取り出し、油をきる。

  • 保存容器に1の野菜と4の小鯵を入れ、熱々の2のタレをかける。冷蔵庫で1時間ほどねかせて完成。器に盛り、姫ネギを飾る。

・全ての材料を近い形に切り揃えることで、箸で取りやすく、食味もよくなります。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません