買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    3.2 g

  • タンパク質

    32.6 g

  • 脂質

    11.7 g

  • カロリー

    274 kcal

  • 塩分

    3.2 g

  • 食物繊維

    0.7 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
低糖質月見バーグ/1番目のイメージ低糖質月見バーグ/2番目のイメージ低糖質月見バーグ/3番目のイメージ

調理時間 : 40 分以下

つなぎとしてパン粉の代わりに高野豆腐を使用し、通常の月見バーグより糖質量を抑えています。
高野豆腐は必須アミノ酸がバランスよくとれる良質なタンパク質源であるほか、カルシウムや鉄、マグネシウムなど不足しやすいミネラルも多く含まれます。
マグネシウムは筋肉を動かすときや、体内でエネルギーをつくりだすときに必要なミネラルであるため、運動量の多いアスリートは特に積極的に摂っておきたいものです。発汗量が増える夏場は、汗とともに体外に出ていきやすくもなるため、さらに注意が必要です。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    3.2 g

  • タンパク質

    32.6 g

  • 脂質

    11.7 g

  • カロリー

    274 kcal

  • 塩分

    3.2 g

  • 食物繊維

    0.7 g

材料

甘辛だれ

その他

  • 鶏むねひき肉150g
  • 小さじ1/4
  • こしょう少々
  • 玉ねぎ1/3個
  • 高野豆腐1個
  • 30g
  • 半熟ゆで卵2個

作り方

  • 【下準備】・半熟ゆで卵は、冷蔵庫から出したての卵を沸騰した湯で7分茹でる。  すぐに冷水にとり、殻をむく。 ・高野豆腐はたっぷりの水に浸けて戻し、みじん切りにする。 ・玉ねぎはみじん切りにする。

  • ボウルに鶏ひき肉と塩・こしょうを入れて粘りが出るまでしっかり混ぜる。

  • 玉ねぎと高野豆腐、卵を加えてむらなく混ぜ合わせる。

  • 2の半量をラップにのせ、真ん中にゆで卵をのせて全体を丸く包む。

  • 耐熱容器にのせて、500Wの電子レンジで約2分加熱し、余熱で5分ほどおく。

  • ごま油を熱したフライパンに、5を入れて表面に焼き目がつくまで転がしながら焼いて取り出す。

  • 甘辛だれの材料を入れて煮詰める。

  • 7に6を戻し入れて、全体に絡める。

  • お皿に盛り付けて完成。

・中の卵を半熟のまま仕上げるポイントは、一度電子レンジで予備加熱しておくことです。形をきれいに保ったまま仕上げることができ、中の卵黄もとろっとしたまま失敗しにくくなります。
・ハンバーグには通常パン粉を加えることが多いですが、糖質が高くなってしまうため今回は高野豆腐を使用しています。
・水で戻して刻んで使うことで食べた際に味も食感も高野豆腐感がなくなるので、パン粉の代わりの代用品としておすすめです。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません