買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    1.0 g

  • タンパク質

    3.4 g

  • 脂質

    15.5 g

  • カロリー

    171 kcal

  • 塩分

    0.8 g

  • 食物繊維

    2.9 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
ちぢみほうれん草と帆立のオイル煮/1番目のイメージちぢみほうれん草と帆立のオイル煮/2番目のイメージちぢみほうれん草と帆立のオイル煮/3番目のイメージ

調理時間 : 20 分以下

ちぢみほうれん草は一般的なほうれん草と比べて凝縮した甘みと味わいを持ちます。
オリーブオイルにはオレイン酸という脂肪酸が多く含まれており、悪玉コレステロールを減らすはたらきがあると言われています。
油脂類は加熱をすると酸化し、劣化していきます。酸化した油脂の摂取を続けてしまうと、身体をつくっている細胞を傷つける原因となります。
オリーブオイルは油脂類の中でも酸化しにくい植物油であるため、高温で油を使った調理をする時にはおすすめです。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    1.0 g

  • タンパク質

    3.4 g

  • 脂質

    15.5 g

  • カロリー

    171 kcal

  • 塩分

    0.8 g

  • 食物繊維

    2.9 g

材料

  • ちぢみほうれん草1/2pc (120g)
  • 帆の貝柱(刺身用)50g
  • レモン1/4個
  • にんにく1/2かけ
  • オリーブオイル大さじ2程度
  • 鶏がらスープの素小さじ1/4
  • ひとつまみ

作り方

  • にんにくを薄切りにする。ちぢみほうれん草は3〜4cmのザク切りにする。

  • 小鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火で香りがたつまで熱する。

  • ちぢみほうれん草と鶏ガラスープの素、塩を加え、クタクタになるまで加熱する。帆立の貝柱を入れ、表面にさっと火が通ったら器に盛る。

  • レモンを絞り、グラナ・パダーノをかける。仕上げにレモンの皮を削って完成。

・一般的なほうれん草と比べて、ちぢみほうれん草は凝縮した甘みと味わいです。
・帆立は火を通しすぎるとパサついてしまうので、刺身用のものをさっと加熱しましょう。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません