買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    20.2 g

  • タンパク質

    126.5 g

  • 脂質

    17.9 g

  • カロリー

    857 kcal

  • 塩分

    2.3 g

  • 食物繊維

    2.6 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
オートミール衣の大鶏排(台湾唐揚げ)/1番目のイメージオートミール衣の大鶏排(台湾唐揚げ)/2番目のイメージオートミール衣の大鶏排(台湾唐揚げ)/3番目のイメージオートミール衣の大鶏排(台湾唐揚げ)/4番目のイメージ

調理時間 : 25 分以下

オートミールや大豆粉を衣として使用し、通常の唐揚げよりも糖質量を抑えたレシピです。
糖質オートミールには食物繊維の他にもマグネシウムや鉄などのミネラルも多く含まれています。
マグネシウムは歯や骨を形成する材料になるほか、エネルギーづくりのサポートをしている栄養素でもあります。
特にエネルギーを多く使うアスリートは、エネルギー源となる栄養素を十分にとるだけでなく、補酵素とよばれるエネルギーづくりを助ける栄養素も積極的にとるようにしましょう。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    20.2 g

  • タンパク質

    126.5 g

  • 脂質

    17.9 g

  • カロリー

    857 kcal

  • 塩分

    2.3 g

  • 食物繊維

    2.6 g

材料

A

  • にんにく1/2かけ
  • 生姜1/2かけ
  • 五香粉大さじ1/4
  • ラカントS大さじ1/2
  • 醤油大さじ1/2
  • ブラックペッパーお好みで

B

  • 大豆粉大さじ1.5
  • 片栗粉大さじ1.5
  • 大さじ4
  • 醤油小さじ1

その他

  • 鶏むね肉1枚(300g)
  • オートミール大さじ3
  • 薄力粉大さじ1
  • 米油適量
  • パプリカパウダー適量

作り方

  • 鶏肉の皮を取り、半分に切る。まな板に縦長に置き、横から包丁を寝かせて入れ、厚みを半分にして開く。上からラップをかけ、厚さが約1cm程度になるまでめん棒で叩く。

  • にんにくと生姜は皮を剥いてすりおろす。ポリ袋にAの材料を全て合わせて混ぜ、鶏肉を加えてもみ込み、1時間ほどおく。

  • ボウルにBの材料を混ぜ、バッター液を作る。

  • 2の鶏肉の汁けをきって薄力粉を薄くまぶす。余計な粉は落としておく。バッター液をからめ、オートミールを全体にまぶし、そのまま5分ほどおく。

  • 揚げ鍋に米油を入れ、170℃に熱する。鶏肉を入れ、途中裏返しながら3分程揚げて、網とキッチンペーパーをしいたバットで油をきる。少し置いて、さらに高温に熱した油で表面をカラッとあげて、キッチンペーパーをしいたバットで油を切り、中まで火が通っていることを確認する。最後にパプリカパウダーを振って完成。

・オートミールのカリカリを生かし、台湾唐揚げの衣に見立てたレシピです。
・2度揚げすることで、より美味しく仕上がります。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません