買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    1.0 g

  • タンパク質

    17.9 g

  • 脂質

    18.4 g

  • カロリー

    250 kcal

  • 塩分

    2.2 g

  • 食物繊維

    1.1 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
タラの芽と海老のオーブン焼き/1番目のイメージタラの芽と海老のオーブン焼き/2番目のイメージタラの芽と海老のオーブン焼き/3番目のイメージ

調理時間 : 25 分以下

海老にはアスタキサンチンが、タラの芽にはβ-カロテンなどの抗酸化成分が多く含まれます。
身体の酸化の原因は過剰な活性酸素の生成によるものですが、ハードな運動によりその生成量は多くなります。
特に激しい運動になると、筋肉での活性酸素の生成量が増し、筋肉へのダメージが大きくなります。
使った身体をしっかりと回復させ、怪我をしない身体づくりをするためにも抗酸化成分を含む食品を積極的に摂取しましょう。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    1.0 g

  • タンパク質

    17.9 g

  • 脂質

    18.4 g

  • カロリー

    250 kcal

  • 塩分

    2.2 g

  • 食物繊維

    1.1 g

材料

海老を洗う用

  • ひとつまみ
  • 片栗粉ひとつまみ

その他

  • タラの芽7個(60g)
  • えび10尾(250g)
  • オリーブオイル大さじ2
  • パルミジャーノ・レッジャーノ20g
  • 小さじ1/2
  • 岩塩ひとつまみ
  • ブラックペッパー適量
  • タイム適量

作り方

  • 海老の殻を剥き、背開きにして背腸を取り除く。塩と片栗粉を揉み込み、水で洗い流す。

  • タラの芽の袴の部分を手でむき取る。少し変色茶色く変色している部分は切り落としたり、くるりと包丁でむき取ったりする。

  • 鍋にお湯を沸かし、塩を0.5%の濃度になるように入れ、1分ほどタラを茹でる。茹で上がったら、取り出し自然に冷ます。

  • オーブン対応容器に海老とタラの芽を入れ、満遍なく塩をふる。上からオリーブオイルをかける。パルミジャーノ・レッジャーノを削って岩塩を少しふり、ブラックペッパーとタイムをかけて200℃のオーブンで15分間加熱する。

  • 中まで火が通っていることを確認し、こんがり色づいていたら完成。

・タラの芽は2でしっかり下処理をしておくことで、食味がよくなるため、少し面倒ですが頑張りましょう。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません