買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    7.7 g

  • タンパク質

    39.5 g

  • 脂質

    15.1 g

  • カロリー

    350 kcal

  • 塩分

    1.7 g

  • 食物繊維

    2.2 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア
小松菜ソースのカオマンガイ/1番目のイメージ小松菜ソースのカオマンガイ/2番目のイメージ小松菜ソースのカオマンガイ/3番目のイメージ

調理時間 : 60 分以下

鶏もも肉と米を合わせて炊き、小松菜を使ったソースとレモンを合わせます。
小松菜は野菜の中でも鉄やカルシウムが多く含まれています。
これらミネラルの吸収率を高める方法のひとつとしてクエン酸を同時に摂取することが挙げられます。
レモンにはクエン酸が含まれているため、小松菜とは栄養面でも相性も良い組み合わせです。
一品で糖質、タンパク質、抗酸化成分、ミネラなどがとれるため、運動後に食欲がないときにも効率の良い栄養補給を行うことができます。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    7.7 g

  • タンパク質

    39.5 g

  • 脂質

    15.1 g

  • カロリー

    350 kcal

  • 塩分

    1.7 g

  • 食物繊維

    2.2 g

材料

A

  • ナンプラー小さじ1
  • 白だし小さじ1
  • ラカントS小さじ1
  • ごま油小さじ1/4

小松菜ダレ

  • 小松菜1/2pc
  • にんにく1/2かけ

B

  • 白だし小さじ1/4
  • 鶏がらスープの素小さじ1/4
  • オリーブオイル大さじ1
  • お湯大さじ1

その他

  • 鶏もも肉1枚
  • 1合
  • 生姜1/2かけ
  • レモン1/4個
  • ひとつまみ
  • ブラックペッパー適量

作り方

  • 生姜を千切りにする。

  • 米を洗い、炊飯器に米、生姜、Aの材料を全て入れ、規定の分量まで水を足す。上に塩をふった鶏もも肉を置き、炊飯する。

  • 小松菜を4~5cmの長さに切り、耐熱容器に入れ、600wで2分程度加熱する。にんにくはすりおろす。

  • 容器に小松菜とにんにく、Bの材料を全て入れ、ハンドブレンダーで撹拌する。回りにくい場合は、さらにお湯を大さじ1/2程度ずつ加え、ペースト上にする。

  • 2の鶏もも肉を取り出し、食べやすい大きさに切る。器にご飯と肉を盛り、レモンと小松菜ダレを添えて完成。お好みでホワイトペッパーをかける。

・小松菜のソースをプラスすることで、タンパク質と共に野菜も摂ることのできるレシピです。
・余った小松菜ソースは、表面が隠れるまでオリーブオイルをかぶせ、ラップや蓋をしておくと長持ちします。茹で豚にかけたり、パスタソースとしても美味しくお召し上がりいただけます。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません