買い物リストアイコン買い物リストに追加
  • 糖質

    11.8 g

  • タンパク質

    12.8 g

  • 脂質

    38.4 g

  • カロリー

    462 kcal

  • 塩分

    2.7 g

  • 食物繊維

    3.7 g

  • ※栄養素計算は1人前表示
このレシピをシェア

エビマヨとホウレン草ナムルのサンチュ巻き

エビマヨとホウレン草ナムルのサンチュ巻き/1番目のイメージエビマヨとホウレン草ナムルのサンチュ巻き/2番目のイメージエビマヨとホウレン草ナムルのサンチュ巻き/3番目のイメージ

調理時間 : 30 分以下

エビからは良質のたんぱく質と抗酸化作用をもつアスタキサンチンが摂取できます。
また、ほうれん草からはビタミンAやビタミンCがとれるほか、葉酸や鉄分も豊富です。
ほうれん草の赤い根の部分にはマンガンが含まれていますが、マンガンは炭水化物、タンパク質、脂質を消化吸収する酵素を活性化したり、血液を作ったり、じん帯・骨を強くするために必要な栄養素です。
消化を助けるはたらきもあるといわれます。
赤い部分は切り落として使いがちですが、そこにマンガンなどの緑色の部分には少ない栄養素が含まれているため、野菜を無駄なく使いきることは栄養的な面から見ても大切ですね。

─ 廣松千愛(FAT ADAPT管理栄養士)

栄養情報

(栄養素計算は1人前表示)
  • 糖質

    11.8 g

  • タンパク質

    12.8 g

  • 脂質

    38.4 g

  • カロリー

    462 kcal

  • 塩分

    2.7 g

  • 食物繊維

    3.7 g

材料

エビマヨ用ソース

  • マヨネーズ大さじ1杯
  • 豆板醤小さじ1/3杯
  • 醤油小さじ1/2杯

ホウレン草ナムル

  • ほうれん草60g
  • ごま油小さじ1杯
  • すりごま少々
  • 少々

その他

  • むきエビ100g
  • 片栗粉大さじ1杯
  • ごま油大さじ2杯
  • 白菜キムチ40g
  • サンチュ3枚
  • かいわれ大根少々

作り方

  • ホウレン草ナムルを作る。ボウルに茹でたホウレン草、ごま油、すりごま、塩を入れ、混ぜ合わせる。

  • エビマヨ用ソースの全材料をボウルに入れて、混ぜ合わせておく。

  • えびの水分をしっかりと拭き取り、片栗粉をまぶしたら、フライパンにごま油を入れて熱し、エビを両面揚げ焼きにして火を通ったら、ペーパー等で油を切っておく。

  • 3と2を混ぜ合わせてエビマヨを作る。

  • サンチュを用意し、キムチ、ホウレン草ナムル、エビマヨ、かいわれの順に乗せて、お皿に盛り付けて完成。

買い物リストアイコン買い物リストに追加

最近チェックしたレシピ

    最近チェックしたレシピはありません